リーズナブルなわきが対策!わきがに緑茶が効果的!?

湯呑に注がれる緑茶

湯呑に注がれる緑茶

リーズナブルな方法でわきが対策がしたいという方、ようこそおいで下さいました。

一般的な家庭にある、飲み物「緑茶」。そんな緑茶がわきがの予防や対策に効果的というのは本当でしょうか。

また、よく「カテキン」という言葉をよく耳にしますがどういった成分でしょうか。緑茶に含まれている成分などと共にわきが対策の効果との関連性をまとめてみました。

わきがに効果的な茶カテキンとは!?

茶カテキンとは、緑茶などに含まれている渋みの成分です。

茶カテキンは、体臭の防臭効果もあります。匂いを中和する働きによるものです。抗酸化作用や殺菌、防菌効果もあるため花粉症予防や食中毒予防にも期待出来る成分です。また、血中コレステロールの低下や血圧・血糖上昇抑制作用、口臭予防などの効果もあります。

魚の生モノであるお寿司屋さんなどでお寿司と一緒に飲むお茶にはカテキンが含まれているため、防菌効果により食中毒の予防にもなっています。

茶カテキンの含まれる飲みもの

カテキンの含まれる飲み物は緑茶以外にも、ウーロン茶やほうじ茶、コーヒーなどがあります。食べ物ではリンゴや柿などにも含まれています。

外出先などでお手軽にカテキンを摂取したい場合は、花王のヘルシアなどがコンビニで購入出来ます。また、飲み物だけでなく加齢臭対策として有名な柿渋石鹸などにも茶カテキンは含まれています。

緑茶の成分

緑茶の成分には、カテキン、テアニン、ビタミン類、クロロフィル、サポニンなどがあります。特にカテキンが消臭効果があると言われています。

ビタミン類は、ビタミンCやビタミンB2、ビタミンEなどが含まれていて、皮膚や粘膜の健康維持にも効果が見込めます。緑茶はビタミンCも含んでいますし、アミノ酸なども豊富です。

わきがに茶カテキンが良い理由

汗の臭さなど体臭や加齢臭、ワキガや足臭などの匂いを作り出している原因は雑菌です。皮脂から分泌される汗や古い角質が分解、発酵されることで匂いが生み出されています。また、雑菌がわき毛に絡まり体臭によって周囲に拡散されてしまいます。

カテキンやフラボノイドなどのポリフェノールが臭いの元の物質を除去する働きをしてくれます。

緑茶でわきがを抑える方法

緑茶でわきがを抑える方法では、基本的に毎日緑茶を飲むようにしましょう。

わきに茶殻を塗る場合は一煎の状態ではなく、二煎以降のものを使用するようにして下さい。ビタミンやカフェインが多すぎると効果が薄れてしまうためです。茶葉をガーゼなどに包み、直接わきに塗って下さい。

天然成分なので、直接肌に塗っても荒れる心配がありません。緑茶を飲んだからすぐにわきがが止まるという訳ではありません。日常生活の中で継続して飲用するように心がけて下さい。

茶カテキンの様々な効果

茶カテキンの効果には様々な効果があります。血糖値や血圧を下げる効果、整腸作用、虫歯予防などが挙げられます。その中でも、茶殻が掃除などで昔から利用されていることからもわかるとおり、消臭効果があります。

茶カテキンが匂いの成分と結合し、中和する働きがあることで消臭剤などにも使用されています。

また、体臭やわきがの原因にもなる体の酸化を防ぐ抗酸化作用もあります。抗菌、抗酸化作用でアンチエイジング(老化防止)にも効果を発揮します。殺菌効果なども期待出来ます。また、体脂肪を燃焼させ、ダイエットをサポートしてくれる効果もあります。

まとめ

いかがでしょうか。

これらのように緑茶は、わきが予防にも効果があると言えます。わきがと体臭の関係は切っても切れない関係であるため、体臭を抑制することがわきがの予防にも繋がります。

日常的に緑茶を飲んで体臭予防やわきが対策を心がけてみて下さい。緑茶以外にも、ほうじ茶などにポリフェノールが多く含まれ消臭・防臭効果が見込めます。茶カテキンの多いお茶を飲用するようにして下さい。

わきが予防をお茶でしたい方には、緑茶やほうじ茶、ウーロン茶などをおすすめします。

【注目記事】わきが対策の基本「身体を清潔に保つ」は本当に効果はある?

【人気記事】100均でわきが対策!とっておきの方法とは?

コメントを残す