わきが対策に効果的なミョウバン水の使い方

ミョウバン水をスプレーする

ミョウバン水をスプレーする

わきがを持つ人は悩みはつきないことでしょう。

洗っても臭いがすぐに出てしまう、日常生活に支障が出てしまうなど、さまざまな悩みがあることでしょう。どうにか手軽なわきが対策方法というのはないものなのでしょうか。強力な消臭効果のあるスプレーのようなものはないものなんでしょうか。

市販の制汗剤スプレーというのは正直に言えばわきがにとってはそんなに強力な制汗力も消臭力もないような気がします。しまも制汗スプレーを使うことでわきがの臭いを悪化させているような気にもなてしまいます。

そこで古くからの歴史のある「ミョウバン水」を使ったわきが対策の方法を紹介していきます。

わきが対策ができるミョウバン水とは

わきが対策のできるミョウバンというのはどんなものなんでしょうか。耳にはするけれど、生活に密接して毎日使うようなものではありませんよね。

ミョウバンは茄子の漬け物をするときに色が落ちないようにするために使う白っぽい結晶の形をしているやつです。

スーパーやドラッグストアなどでも売られていますね。料理の際に煮崩れを起こさないように使われたり、あく抜きで使われたりと食品添加物として知られている物です。ミョウバンは金属イオンが硫酸塩と結びついた復塩です。

売られているものは合成して作られていますが、自然の世界にもミョウバンは存在します。ミョウバン水というのはそのミョウバンを溶かした水溶液のことを言います。

ミョウバンには消臭効果がある

ミョウバンには消臭効果があります。

ミョウバンを水に溶かしてミョウバン水にすることで酸性になります。わきがの雑菌はアルカリ性を好む性質であります。そのため、皮膚にミョウバン水をスプレーして皮膚の表面を酸性にすることで雑菌の繁殖を防ぐことができるのです。

繁殖を防ぐ抗菌だけではなくて、殺菌作用もあるので雑菌を退治していくこともできます。ミョウバンは化粧水などにも配合されていることがあって肌トラブルにも効果的です。

そして制汗作用もあります。ミョウバン水はアンモニアの消臭力が優れているのでわきが対策だけではなくて、足の臭いや生活の中での臭いにも対応することができます。

ミョウバン水は脇汗の発汗を抑えることもできて、わきがの臭いを消臭することもできるのです。

ミョウバン水の使い方と作り方

わきが対策になるミョウバン使い方でミョウバンの結晶粉末をそのまま脇の下に塗り込むという方法があります。これだけでもわきが対策には効果を発揮します。もっと効果的になるのがミョウバン水を作ってわきが部分にふきかけることです。

入浴後の肌にふきかけたり、小さなスプレーボトルに入れて携帯できるようにしておけば外出先で気になったときに、シュッと簡単に吹きかけることができます。手軽でナチュラルな制汗剤スプレーが出来上がります。

ミョウバン水の作り方は水1,500mlに対してミョウバン50gを混ぜます。ミョウバンは水に解けにくいので一晩置いた方が良いです、無色透明になっていたら出来上がりです。ミョウバンの保存方法は冷蔵保存です。

1.2週間で使い切って、また新しいものを作るのが効果的なミョウバン水を使い続けるこつになります。ミョウバン水の中にミントやハッカなどのオイルのようなものを数滴たらすと、すっきりして気持ちがいい使い心地になります。

ミョウバン水は水ではなくて濃い緑茶で溶かすとカテキン成分配合の水よりも消臭効果がアップしたものが作ることができます。

ただし、水以外の物が含まれるミョウバン水は色がついたり使用期限が変わってくるので注意が必要になります。

ミョウバン水の使用上の注意

ミョウバン水は食品添加物なので基本的には子供にも使用することができます。

しかしいくつかの注意点もあります。ミョウバン水には収れん作用があって発汗を抑える効果があるのでいきなり身体や顔などにスプレーを吹き付けることで体温調節ができなくなってしまうこともあります。

まずは汗のかきやすい脇下などから使っていきましょう。ごく希に濃度の濃いミョウバン水を使うとかぶれを起こしてしまうことがあります。

子供の肌に使う場合は十分に薄めたものを少しずつ使用していきましょう。

【注目記事】100均でわきが対策!とっておきの方法とは?

【人気記事】わきが簡単セルフチェック!たった1分で分かる!

コメントを残す